学ぶ・知る

「スタートアップウィークエンド和歌山」開催へ 地元経営者とビジネス学ぶ

2023年3月の開催風景

2023年3月の開催風景

  • 128

  •  

 体験型起業イベント「Startup Weekend Wakayama(スタートアップウィークエンドワカヤマ)」が3月22日~24日、「Park Biz WAKAYAMA」(和歌山市八番丁)で開催される。主催はNPO法人「Startup Weekend」(東京都渋谷区)。

2023年3月に開催された「スタートアップウィークエンド」参加者

[広告]

 週末3日間でビジネスプランを考える同イベントは2007年、米コロラド州で始まり、2009(平成21)年から日本で開催が始まった。和歌山県内では、2017(平成29)年に和歌山市で初開催した。

 当日は、参加者がビジネスのアイデアを持ち寄り、投票で5人ほどのチームに分かれる。2日目から街でのヒアリングや「やまやま」(かつらぎ町)猪原有紀子社長、「OUTDOOR TRIP」(串本町)南畑義明社長、「山家漆器店」(海南市)の山家優一社長など、地元の起業家らの助言を得て、案をブラッシュアップする。最終日には、「フリーゲート白浜」(白浜町)井上真央社長、「データプール」(大阪市)高幣久富社長、「ユタカ交通」豊田英三社長など経営者らが審査員を務め、ビジネスプラン発表会を開く。

 学生時代に同イベントに参加した運営メンバーの朝倉結香子さんは「社会人も学生も一緒に取り組み、夢を持った人が夢中になれた。当時は自分のやりたいことが見つからず、何をしたらいいか分からなかったが、選択の幅が広がった」と話す。

 運営者で「きのくに未来ビジネスセンター」社長の岡京子さんは「県内外の参加者と交流が生まれるすばらしい場。自分の得意分野を生かし、起業に関わる方法と夢を実現する仲間が見つかる。他地域の人の目で、現地の人が気付き、生まれるものがある」と話す。「起業支援に関わる中で、『起業してみたい』『関心がある』などの起業の芽を育てたかった。新規事業と潜在的な起業家を掘り起こすことができれば。やりたいことがあるなら、1歩踏み出して自分の思いを伝えてみては」とも。

 24日の発表会の聴講と懇親会のみの参加(1,980円)も受け付ける(15時~)。2月17日は同会場で無料のプレイベント「未来起点アイデアの作り方」ワークショップを開催する。

 22日18時開始。参加費は3日間で社会人=6,000円(5食と飲料付き、早割・学割あり)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース