見る・遊ぶ

和歌山・スポーツ伝承館で「ラジオ体操の基礎」セミナー 医大研究員が実技指導

イベント会場で、講師の中村力さん

イベント会場で、講師の中村力さん

  •  

 ぶらくり丁商店街近くの商業施設「フォルテワジマ」(和歌山市本町2)で2月17日、「ラジオ体操の基礎を学ぼう」が開催される。主催は同施設3階の「わかやまスポーツ伝承館」(同、TEL 073-423-2215)。

参加を呼び掛ける「わかやまスポーツ伝承館」館長の江川哲二さん

 和歌山県にゆかりのある選手のスポーツの記録や成績を紹介する同館。5階の「和歌山県立医科大学げんき開発研究所」から教員を講師に招き、年4回ほど「県民のためになることを」を合言葉にスポーツセミナーを開催する。

[広告]

 同研究所は、国体選手やパラリンピック選手などアスリートの支援のほか、一般利用者のリハビリや運動不足解消の運動指導など、予防医学に関するサービスを提供する。

 イベントでは、講師で研究員・中村力さんがスクリーンを使ってラジオ体操の動きや効果を解説するほか、会場での実技指導を行う。中村さんは「ラジオ体操の成り立ちから、運動の強度や効果について解説する。普段ラジオ体操をしている人にはより効果を高めるにはどうしたらよいかを知ってほしい。ラジオ体操が健康作りにプラスになることをたくさんの人に知ってもらいたい」と話す。

 わかやまスポーツ伝承館・館長の江川哲二さんは「ラジオ体操の公認指導者資格を取得した際に、実は正しい動きを知らないことに気付いた。筋肉の動きを自覚して動かすのと知らないのでは運動の効果がまるで違う。たくさんの人にその違いを実感してほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は13時30分~14時30分。定員50人。参加費無料(要事前予約)。