見る・遊ぶ

「パームシティ和歌山店」でドライブインシアター 屋外の大型スクリーン活用

パームシティ和歌山オープン時に設置したスクリーン

パームシティ和歌山オープン時に設置したスクリーン

  • 119

  •  

 ドライブインシアターが12月5日、「スーパーセンターオークワ パームシティ和歌山店」東側駐車場(和歌山市中野)で開催される。主催は「オー・エンターテイメント ジストシネマ和歌山」(松江)。

イベントを企画した大槻尚宏ジストシネマ和歌山支配人

 ドライブインシアターは車に乗ったままカーステレオのFM受信機を使って音声を聞き、駐車場などに設置したスクリーンに映し出される映画を楽しむ鑑賞スタイル。新型コロナウイルスの影響で3密を避けた鑑賞方法として注目を集めている。

[広告]

 同スーパーは、1993(平成5)年のオープン記念イベントでドライブインシアター用のスクリーンを東側駐車場に設置。上映会は実現せず、27年間、日の目を見ることがなかったという。ジストシネマ和歌山の大槻尚宏支配人がその話を聞き、スクリーンを補修し、上映会を企画した。

 上映作品は、映画「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」(ジョン・ワッツ監督)。トム・ホランドが新たに主役のピーター・パーカー(スパイダーマン)を演じ、「アベンジャーズ」を中心とした「マーベル・シネマティック・ユニバース」の世界に参戦した「スパイダーマン ホームカミング」の続編。

 大槻支配人は「5月ごろから新型コロナの影響で映画館への集客が減少し、何かできないかと考えている時に、知り合いからパームシティのスクリーンの話を聞いた。現在、映画館では、密を避けるため、観客同士は一席空けて座ってもらっている。ドライブインシアターなら、家族そろってリラックスして鑑賞の時間を共有できる」と話す。「今回は子どもから大人まで楽しむことができる作品を選んだ。今後も地域のお客さまが楽しんでいただける上映会などを企画していければ」とも。

 17時30分開場、18時30分上映。チケット料金は車1台=3,900円(鑑賞人数は乗車定員内)。雨天中止。