食べる 見る・遊ぶ

初開催・和歌山カレー大会に県内外から21店 好みのカレーを合いがけに

来場を呼び掛ける「熱帯酒場」店主の西中さん(右)(撮影のためにマスクを外しています)

来場を呼び掛ける「熱帯酒場」店主の西中さん(右)(撮影のためにマスクを外しています)

  • 211

  •  

 「第1回和歌山カレー大会 無限愛掛天国」が11月7日、本町公園(和歌山市北桶屋町)で開催される。主催は熱帯酒場(美園町2)。

出店する「Spice curry hanabee」のカレー

[広告]

 同イベントは初開催。県内外合わせて21店のカレー店が出店する。

 当日は、本部で皿とライスを販売。出店する各店は、ルーと副菜を1、2種類を提供する。ルーの価格は300円前後、100ミリリットル~120ミリリットルほどをカップで販売。ドリンクやオリジナルグッズも販売する。

 和歌山市から出店する店は「M3号」「Guy」「Satya」「タイガースパイスカリー」「ぶらくり丁カレーBiBo」「MYSORE」「南インド料理サンセットキャラバン」の7店。県内からは、「GANESH/kimino's cafe」(紀美野町)、「スパイス食堂javajava」(岩出市)、「熊月堂」(紀の川市)、「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山2022」に掲載された「ヒロマル屋」(御坊市)、同掲載の「Spice curry hanabee」(田辺市)の5店が参加する。そのほか、大阪・京都から9店が出店する。

 会場には、衣料品やアクセサリーを販売する店やコーヒー店、チャイ店、チョコレート店、ワークショップ、整体を提供する店など40店も出店。エイサーと三線、ハンドパン、インド楽器などのライブも行われる。

 熱帯酒場店主の西中宏さんは「ずっとやりたかったイベントで、カレー店主らに呼び掛けた。カレーを少量ずつ購入できるので、好きなカレーを組み合わせて、オリジナルのあいがけプレートを作れる。当日限定のスペシャルカレーも用意。誘い合わせてぜひ来てほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は11時~20時。雨天の場合は11月14日に延期する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース